琉球畳のご案内。新畳、表替え、裏返しなど畳替えのことなら群馬県の山田畳店にお任せください。

琉球畳

琉球畳とは

琉球畳(りゅうきゅうたたみ)別名=青表(あおおもて)

琉球畳に使われる琉球表は、大きく分けて3つになります。


琉球畳の写真 一般的に七島イグサで織られている表を琉球表と言います。
七島イグサの特徴は断面が三角状になっており、普通のイグサとは違い泥染めをしないで乾燥させてから織られています。 七島イグサは元々琉球で栽培されていましたが江戸初期に薩南を経て大分県に伝来。
以後商家の店先や農家の居間など耐久性が良いことから使われ、現在では一般の家庭に上級品の畳として使われ方が変わりました。

近年高齢化が進み平均70歳位の女性が織られています、後継者もいない状況ですので業界内では数年後には国産琉球表は「絶滅」するであろうと言われております。

地方によっては縁無し畳や目積表の事を琉球畳と少々違う呼ばれ方をしています。


畳表 琉球畳は表面がケバ立ち手織り風

畳表 織りの向きによって色がこんなに違うという事は光の屈折率がいいんですね

畳表


琉球畳表と一般の畳表を比べる

畳表の写真 写真:左 一般的な畳
写真:右 琉球畳

イ草の写真 写真:左 普通のイ草(丸藺)
写真:右 三角藺

普通のイ草(丸藺)とは違う三角藺と呼ばれる見るからにゴツイ感じの丈夫な草で織り上げた畳表です。
新品時は草の表面がケバ立ち、ザラザラしています。また、経糸(たていと)の天然麻糸が表の表面に飛び出ていることが多いです。
琉球畳表は数ヶ月使用後表面の麻糸や草の繊維が擦れて取れた後に艶が出てとても味わい深い畳になります。味わいが出る前はストッキングなどが伝線する恐れがあります。客間向きではありません。

※琉球畳は普通の畳とは表面、質感がまったく違いますので選ばれる時はサンプルなど材料を見て触れてご確認ください。

価格

( )内は税込表示

半畳(88cm×88cm)

商品名 表替え 新畳
琉球畳 17,000円
(18,360円)
20,000円
(21,600円)

注意点

新畳の畳床は、オールボードでの料金です。
当店指定外の畳表をご希望された場合やオプション選択などによって金額は変わります。
営業対応地域は、価格に運搬据え付け料金が含まれています。
また、当店で新畳に交換された際、古畳の処分料は1枚1,000円(税込1,080円)かかります。


施工例

琉球畳 琉球畳 琉球畳

当店で取り扱っている畳の種類

畳についてのご相談

山田畳店の営業地域は、下記の通りです。周辺地域にお住まいのお客様もお気軽にお問い合わせください。

群馬県

群馬県安中市 富岡市 甘楽郡 藤岡市 高崎市 前橋市 榛東村 吉岡町 渋川市 沼田市 吾妻郡 利根郡 伊勢崎市 玉村町

長野県

北佐久郡軽井沢町 その他周辺

エリアマップ
■ 本社・畳製造工場
〒379-0111  群馬県安中市板鼻町2-6-11
地図
■ 高崎ショールーム・工房
〒370-0071  群馬県高崎市小八木町446-4
地図
PC画面を表示
Copyright 2006-2018
© 畳工房 山田畳店
All Rights Reserved.
ページトップへ
畳のことならお任せください とくとく畳替えキャンペーン電話をする